2006年08月27日

長女の目の話し

 こんばんは半月


 きのう、コメントの方で長女の目の話しがちょっと出たので
少し記事にしてみようかな〜と思いました。


 うちの長女(4歳)は間欠性外斜視です。

 斜視とは、有名な方ではテリー伊藤さんを思い浮かべれば
大体わかると思いますが、左と右目で向いている方向が違う
というものです。


 うちの娘の場合は、間欠性なので疲れたときやボーと
しているとき、ちょっと離れたところを眺めているときなどに
左目が外側へずれていきます。

 ずれは、左目の外側へ40度と
(右目は正面を向いている状態で、左目は外側の白目が見えないくらい
黒目がよってしまう)
上に10〜20度ずれています。


 ずれも大きいし、ずれる頻度も最近増えてきています。

 
 大学病院に4カ月おきに通院していますが、
両眼視機能も同年代の子供たちより劣るそうです。
(両眼視機能とは、両方の目で物を立体に見たり、
遠近感を感じ取る機能です)



 両眼視機能は小学校3年生くらいには完成してしまうので
その前に手術をと主治医からは言われています。


 でも、親としてはやっぱり心配なわけですよ〜。

 医師が言うには、環境の変化がある前に手術をするのが
いいそうなんですが、(いじめとかのこともあるし)
ということは小学校入学前にということになります。

 手術は全身麻酔で行われて2泊3日の入院となり
術前健診、術後健診、手術後充血がひどいので保育園は
1週間お休みなどで、子供への精神的負担も大きいものになりそうです。


 それに子供の斜視の手術の定量は難しいらしく、
手術をしてみないと、ちゃんと正位になるかどうかわからない
ところもあるそうで・・・。


 心配事は尽きないわけです。


 でも、娘には是非この経験をばねにしてほしい。

 手術や入院がトラウマになってしまわないように
逆に、手術や入院を乗り越えられたんだと自信につながるように
親としてできることは全部してあげたいと思うわけです。


 ということで、目下セカンドオピニオンで国立成育センターに
いこうとしています。


 でもね〜、どうやら通院だけでも子供の負担になっているようで、、、

 朝早くに出発し満員電車で病院にいき、何時間も待たされて
集中力を必要とされる検査に、瞳孔を開く目薬を差しての検査。

 家に帰ってくると子供も親もくたくた。

 そしてそれから3日連続とかで娘はおねしょをします。

 病院の行き帰りは終始笑顔の娘ですが、
いつもしないおねしょを決まって病院行くとするようになるんです。

 今から入院が心配です。


 今日は、ちょっとネガティブな内容でごめんなさい。

 斜視は子供の50人に1人の頻度でいます。
結構多いですよね。
 でも、世間の理解は不十分です。
 いまだに、矯正のメガネやアイパッチでいじめられる子も
いるし・・・

 なので、ちょっとでも多くの人に斜視のことを
わかってもらえたらな〜と思って書いてみました。


 



 今から、娘が手術室から目に包帯を巻いて出てくることを
考えるだけで涙が出てきてしまうミシカズナネがおおくりしました。
posted by ミシカズナネ at 00:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。