2006年06月29日

勉強の必需品「えんぴつ」の話し・その2

 こんにちは。今日も暑いですね〜。
 
 えっと、昨日はどこまで書いたかな〜?!

 確か、「勉強の効率と鉛筆がどう関係するか考えてね〜」といって終わったと思います。

 皆さん、考えてみました? そんなの関係ないんじゃんどんっ(衝撃)って思っていません?いやいや、それがあるんですよ。

 では、今日は
     1 読むのを速くする
                 について書いていきます。

 何かを勉強するとなると、テキストを読んだり、問題文を読んだり、自分の書いたものを読んで復習したりしますよね。前者の、テキストを読んだり問題文を読んだりするのを早くするには、速読のトレーニングをするしかありません。なので、あまりすぐ実践できるってもんでもないですよね。(今度、自分でできる速読トレーニング方法もブログで紹介しますね〜)
 ですが、後者の自分が書いたものを読んで復習するときに速く読めるようにするってことは、書くときにあることを気をつければすぐにできちゃうんです。
 それは、

       字を大きく書く
    字を濃く書
      これだけexclamation×2

 何だ、これだけって感じですかexclamation&question
 皆さんも経験あると思いますが、本屋さんで目に付きやすい本って題名が小さくて薄い字で書いてありますか?そんなこと無いですよね〜。大体、大きい字で、しかも太字で題名は書いてあります。その方が目に付きやすいし、字の内容を瞬時に理解しやすいから。
 自分のノートだって一緒です。ちなみにノートは何度も読み返すもの!!読み返さないという人は
 出直してこ〜い ってことです。
 自分で勉強したノートを何度も読み返して、記憶を強化していくのが勉強ですよね。ということは、自分のノートを復習するのに時間を短縮するのは、なかなか効率的な勉強法だと思いませんかひらめき
 
 ちなみに、薄い字より濃い字のほうが記憶に残りやすいということもあるそうです。

 ということで、勉強を効率的に進めたいのなら、濃い鉛筆にしましょう。
 明日は、今日書いた速く読むためのコツ
    大きく書く
    濃く書く

についても、効率的にするのに、「濃いえんぴつ」が一番適している理由について書きたいと思いま〜す。

 保育園から帰ってきたばかりのミシカズナネがおおくりしましたわーい(嬉しい顔)
posted by ミシカズナネ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。