2006年07月17日

「いい子」「悪い子」その2

 おはようございます雨また昨日も更新する前に
子供と寝てしまった眠い(睡眠)ミシカズナネですたらーっ(汗)

 早速、宿題にしていた
 どうして「いい子ね〜」のほめ方がいけないのかみなさん考えてみましたグッド(上向き矢印)

 
 ではでは、説明していきますー(長音記号2) 
 私が、お話しを聞いた臨床心理士の方によると、
子供の行動によってその子の人格を肯定も否定も
してはいけないということらしいです。
 悪いことをしたときの方が例として
わかりやすいと思いますが、子供が
いたずらをしたとしても、その行動が
悪いのであって、その子自身の人格が
悪いわけではありませんよね。
 だから、ママもその子の行動をしかるべきで
その子を「あなたは悪い子ね〜」と
人格を否定してはいけないんです。


 前回の小学生の例で言うと、
その小学生の女の子は、行動を
ほめられたのではなく、人格をほめられたので
間違った行動をとってしまったんだと
私は思います。

 去年でしたっけexclamation&question
皇太子の「人格否定発言」。
あれも、雅子妃はきっと人格を否定されたから
傷ついたんでしょうね。

 話しがずれてしまいましたが、
子供というものは、どんな子であっても
そのままで受け入れられるべき存在なんですって。

 
 でも、現実はそのまま受け入れるのって
かなり忍耐が必要ですよねふらふら
 育児って
    1に忍耐
    2に忍耐って感じですダッシュ(走り出すさま)
でも、勘違いしてしまいそうですが、
実は忍耐=がまんってとっても楽しいことるんるん
だから育児も楽しいはずexclamation×2


 「いい子ね〜」「悪い子ね〜」意外にも
子供の人格を肯定するようなほめ方
子供の人格を否定するような叱り方が
あります。皆さんも意識してみてください。
結構言ってしまっていることあると思います。


 次は、
では、どうほめたらいいのか
について書きますね〜ペンお楽しみにかわいい


 今日が祝日だと思いっきり忘れてて、
保育園にいこうとしていたミシカズナネが
おおくりしましたわーい(嬉しい顔)


posted by ミシカズナネ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。