2006年11月01日

いじめ

 おはようございます。


 最近、「いじめ」、だいぶ騒がれていますね。

 なくなった子の親御さんも、
とってもつらいだろうと思います。


 うちも、上の娘が斜視なので、
娘の周りの「いじめ」にはだいぶアンテナを張っています。


 子供を、守りすぎるのもよくないことだと思います。

 小さな子の喧嘩と同じく、
多少の、いじめたりいじめられたりというのも
子供の成長には必要なことなのかもしれません。


 でも、現実には(私のころも、、)
いじめられる側は、決まっているようです。


 物心ついたころから自殺願望があった、
(↑自分が子供を産んでからなくなりました、、)
私からすれば、自分で命を絶つ勇気があるのなら
ぜひ、生きてほしかった。

 これから、「いじめ」がなくなることはないと思います。
大人の世界でもあることですし、、、


 自分の子供には、絶対に加害者にはなってもらいたくない。

 そして、いじめられたとしても、
生きがいを見失わない、
そんなたくましい子になってもらいたい。



 そういう子にするにはどう
育てたらいいのでしょう!?

 少なくても、いじめた側の子の親御さんに
どのように子育てしたのか、教えてもらいたいです。

 


 母親になって初めて生きる意味を見つけ出した
ミシカズナネがおおくりしました。
 
posted by ミシカズナネ at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いじめはどこの世界にもある事です。
でも何かのきっかけで仲良くなることも出来ると思いますよ。

ところで、未履修問題が騒がれておりますが、おそらく再来年のセンター辺りから必修教科も受けるみたいな流れになる可能性があります。その辺も頭に入れて受験されることをお勧めします。
やること多いし、今は復習中心でやっていますが・・・。復習の回数が少ないせいか
結果も酷いものです。(勿論長文など伸びた教科もありますが)やり方も創意工夫しないと試験は結果でしか評価されませんしね。
Posted by のりっぺ at 2006年11月02日 21:56
☆のりっぺさんへ返信

 >必修教科も受ける

というのは世界史、日本史、地理とか
のどれかを選択しなきゃいけないってことですか〜(>_<)


 
 のりっぺさんもがんばっているみたいですね。

 私も、がんばります。
Posted by ミシカズナネ at 2006年11月06日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。