2006年12月01日

さてさて12月


 こんにちは晴れ


 もう12月になってしまいましたね〜グッド(上向き矢印)

 今日から、数学と、古文、政治経済で新しい参考書・問題集を始めます。
どんどん、やらなきゃいけない勉強が増えて大変ふらふら

 でも、なんだか楽しいわーい(嬉しい顔)


 今日は、体調を崩して子供たちがいるので、
なかなか思うように勉強がはかどらないけど、
月の初日ぐらい、ちゃんとノルマをこなして
貯金を作るぐらい勉強したいるんるん


 ということで、今日も頑張って勉強しま〜すぴかぴか(新しい)



 ただいま、政治経済の勉強の仕方を模索中の
ミシカズナネがおおくりしましたかわいい
posted by ミシカズナネ at 11:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 受験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー
お勉強がんばってらっしゃってすばらしい応援しています。
子供がいるとなかなか勉強をする時間を作ること自体大変ですが、がんばってください!!!
Posted by くわっさん at 2006年12月02日 09:04
はじめまして。
言っちゃ悪いけど、高校出たとき貴方は大学受験しないで逃げたんですよね!!
ここのブログ読ませていただきましたが、模試も受けない、子供も旦那も大切といいながら言い訳をして大学受験という現実から逃げているだけだと思う!!
それと、お勉強の仕方なんて受かってから
書くものだと思う。生物学科いってその後の進路どうするつもりなのかな?
就職に直結する福祉・心理・薬学・医学や語学関係ならわかるけど、そうでないならただの自己満足に過ぎないと思う。

再受験する人も、純粋に受験する人もみんな何かを我慢してやっているんだよ!!
少しは、伯さんやつるにえさんやminselさんの所を参考にしたら。
Posted by 通りすがり at 2006年12月03日 11:11
 ☆くわっさんへ返信

 くわっさんの頑張っているのを見て、
私もとっても励みになっています。
 しっかり、頑張らせていただきます!!


 ☆通りすがりさんへ返信

 厳しいご意見ありがとうございます。

>言っちゃ悪いけど、高校出たとき貴方は大学受験しないで逃げたんですよね!!
 
 はい。私は現役のころ受験から逃げました。
自分の境遇を言い訳に逃げたと思っています。
でも、その選択を後悔したこともありません。

 今から受験すれば、後悔なんてありませんから。


>ここのブログ読ませていただきましたが、模試も受けない、子供も旦那も大切といいながら言い訳をして大学受験という現実から逃げているだけだと思う!!

 模試はどんなレベルの受験生でも、受ければ
必ず効果が上がるというものではないと思います。
 自分のレベルがどのくらいか、また自分が今何を一番勉強すべきかは
よくわかっています。
模試を受けることで、デメリットだってあります。
今の私にはそのデメリットのほうがはるかに大きい。
 なので、模試を受けないという選択もありだと思いますが。


>それと、お勉強の仕方なんて受かってから
書くものだと思う。

 そうでしょうか!?
 書けば、いろいろアドバイスがくるかと思って書いていますが、、
 誰かの参考にならなくても、自分の試行錯誤が
記録できて私は重宝していますよ。
 それに、私が書くときは、主婦の方から質問をされたときに書いていますが。


>生物学科いってその後の進路どうするつもりなのかな?
就職に直結する福祉・心理・薬学・医学や語学関係ならわかるけど、そうでないならただの自己満足に過ぎないと思う。

 私は、自己満足で結構です。
就職に直結するような学科にいったって
結局その就職自体自己満足ではないんでしょうか!?
 純粋に人のためになる仕事に尽きたいなんて思うんなら
大学なんて行かなくても、人のためになる仕事は
いくらでもあると思いますから。

 自己実現とは誰のためにやるわけでもない。自分のためですよね!?
だったら、自分が満足していることが一番大事だと私は思います。


>再受験する人も、純粋に受験する人もみんな何かを我慢してやっているんだよ!!

 受験は我慢くらべではないと思います。
なので、私は自分が我慢していることなんて
ここに書く意味がないと思うから書いていないだけです。
わざわざブログで我慢の自慢なんてみっともないじゃないですか。
 もしかして、ここに書いてあることが
ミシカズナネのすべてだと思っていませんか!?

>少しは、伯さんやつるにえさんやminselさんの所を参考にしたら。

 「つるにえさん」でなくて「つるえにさん」ですよ。
私の尊敬する主婦の一人です。
 サイトのほうは、勉強法の参考にはあんまりなりませんでしたが、
やる気が出ないときなど、とっても助けてもらっています。

 
 時間がないので、雑な文章ですがお許しください。
 私は、日々受験のために努力していると
自信をもっていえます。
 ここのブログは完全に、自分のやる気UPのためと
息抜き目的で書いています。
 もしかしたら、あまりにもお気楽なことばかり書いていたので、
ご心配をかけてしまったようですね。
 
 
 貴重なご意見ありがとうございました。


 
Posted by ミシカズナネ at 2006年12月03日 17:59
 ナネさん、実家のお母様が入院されたそうで、
ただでさえ忙しい師走、大変だと思います。
ご自身が参らないように、なんとか乗り切って下さい。

 さて、厳しいご意見が出ていたので私も一言。

 私自身、再受験は自己満足のためなので、通りす
がりさんには一言も二言もあると思いますが。。。


 私の出身高校はいわゆる進学校で、ほぼ全員が大
学に進学します。私ももともと進学するつもりだっ
たので、流れのまま受験生に。普通のOLにはなり
たくないなあ、というだけで、理系を選択しまし
た。これが安易だったんですけどね。


 結局浪人しても目標の大学には到底及ばず、卒業
後、金融機関に就職したものの合わずに退職。その
後研究所で働くことになり、研究を間近に見て、生
物をもっと勉強しようと、再受験を考えはじめまし
た。

 確かに今、私には6ヶ月の子供がいて、ほとんど
勉強時間なんて取れません。やっとこどもが寝て
も、今度はこっちがヘトヘトで。。。

 でも、あきらめてませんよ!!
 実際、受験できるかどうか分からないし、いつそ
こまでたどり着けるかも分かりません。でも、この
まま一生終わりたくない!!、と思っています。

 あくまで自己満足です、はい。誰にも頼まれてま
せんから(笑)。

 それに医学部や心理学、福祉などは確かに卒業
後、すぐに役立つことが多いでしょう。ただ、医者
もいろいろいて、尊敬とはほど遠い人があまりにも
多く、魅力を感じなくなってしまいました。

 でも生物だって、研究という仕事は私たちの生活
に深く関わっていますよ。薬なんて研究の賜物です
からね。


 ただ、ナネさんが研究したい、と言うのがどれほ
どのレベルのことを言っているのかは分かりません
が、本当に研究職に就きたいのであれば、それは子
供を持つ母親では無理でしょう。せいぜいテクニ
シャンですね。

 私の旦那は博士(医学)の学位を持つ研究者です。
(だから医者との関わりも多いのです)
 休みはありません。土日もフルではありません
が、仕事をします。一日休みを取るのは一年に数日
です。もちろん平日は12時間は働いています。

 でも、これを何年も続けても、努力が実らないこ
とが多いのです。他の人に先に論文出されたり、仮
説が間違ってたり。Cell,Naiture,Scienceは分子生
物学では3大トップジャーナルですが、通常ここに
載る論文は数年かけて行われて仕事がほとんどで
す。中には10年以上かけて行われたものもありま
す。

 まあ、これは極論ですが、学生でも卒業研究に入
れば自分が使う細胞や、マウスを飼う事になるで
しょう。基本的にメンテナンスは自分で行います。
細胞は蒔く濃度を変えれば週末は持ちますが、マウ
スはエサやフンの処理などがあります。どうしても
できないときは友達に頼むことになるでしょう。

 さらに論文も何報も読むことになります。全て英
語で書かれているので、英語は必須です。

 ですから入学後、育児や家事、仕事の協力者が必
要になることは覚悟しておいた方がいいでしょう。


 研究は大学受験の生物のレベルとは到底かけ離れ
ています。もし興味があればNaitureの日本語版をみ
てみたり、研究室の雰囲気がしりたいなら中公新書
の「がん遺伝子の発見」黒木登志夫著をぱらぱら立
ち読みしてみるのも良いと思います。この本はうち
の旦那が、指導する学生に読ませる本です。基礎知
識がないと難しいところもありますが、PCRの開発の
話など、生物をやる人間なら誰もが知ってる有名な
話ばかりです。


 長くなりましたが、子育てに終わりがちな私たち
主婦が、大学受験という目標を持つことは決して悪
い事ではないと言うことが、言いたいだけです。

 とにもかくにも、自己満足で良いじゃないですか!とことん満足するまで頑張りましょう!!
それで、合格できたらなおさらですね。
Posted by たうまま at 2006年12月04日 09:45
☆たうままさんへ

 正直言って、厳しいコメントをよんで少し落ち込んでいました。
うまくいかないことも重なっていたので、、、

 ブログを書くのをやめようかとも思いました。

 でも、たうままさんなど、子持ち主婦の受験生に出会えたことは、私の宝でもあります。

 私は、高校のときから研究職にとっても興味がありました。
 なので、高2年生の時には、当時の東京都立大学に知り合いがいたので
夏休みに毎日のように研究室へ通ったほどです。
都立大のハエ部屋が大のお気に入りでした。

 英語の論文も高校の時にすでに10個ほど
よんでいました。
 ほとんど意味はわかりませんでしたが、
とっても面白かったのを覚えています。

 今考えるとホントに好きだったんだと思います。

 Naitureは普通の雑誌に比べて高いのに
毎月買っていました。

 そのときは、私はホントに研究職にあこがれていました。
でも、やることがちょっとずれていたんだな〜と
今は思います。

 ただでさへ、高校時代は生活のためにバイトで
毎月10万は稼がないといけなくて、時間がなかったに、
もっと受験に直結する勉強に時間を割くべきだったんでしょうね。 

 研究職というのは過酷な職業だということは
自覚しています。

 私の場合、大学に順調に入れたとして、
大学院を卒業するころ、私は30才半ば過ぎ。
ということは、子供たちは高校生になっています。

 なので、どうにか、他の人たちと同じように研究ができるように
なるのではないかと考えていますが、
私の考えはちょっと甘いのかも知れませんね。

 でも、私もたうままさんのようにあきらめません。
 
 だって、毎日、毎日、10代のころにかなわなかった目標を追って
勉強しているんですから。

 
 今回はかなり落ち込みが激しかったんです。
いろんな方に励ましてもらいました。
私は一人ではないんだと、改めて実感しました。
どんなに落ち込んでも、大学受験すること事態に
迷いは全くおきませんでした。
 私は受験すべき人間なんだと確信しました。


 感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。たうままさん<m(__)m>
Posted by ミシカズナネ at 2006年12月04日 21:38
ナネさんの研究に対する意気込み、参りました!!

 最近は政府の分けかからん政策で、博士号乱発し、
ポスドクのレベルが低下している中、ナネさんの様な
方がいて、「世の中捨てたもんじゃない!」(大げさ
か)、と思いました。ちなみに、うちの主人は学位取
るまで10年かかりました。(もともと医学博士は4年ですが)

 私も地道に頑張ります。取りあえず模試も受けてみ
ることにしました。と、言っても今年度の模試は無理
なので、来年の駿台の全国判定でも受けてみようか
と。(私は元駿台生。ハイレベルの全国模試はパス)
 そのためにもコツコツやって行こうと思います。
Posted by たうまま at 2006年12月06日 22:56
☆たうままさんへ返信

 やっと、今日先週のごたごたで作った勉強のノルマの借金を
返すことができました。
 コメントの返信おそくなってしまいましたね。


 私は、やっぱりおかしな高校生だったようですね。
 たうままさんのコメントをみてかなり恐縮&そんなにすごいことだったのか!?
って感じちゃいました(笑)
 私はただ好きだっただけなので、、、
 

 今日も、最後に生物を勉強してたら
気づけばこんな時間。。。
 生物の勉強はホントに楽しいです。
でも、いろんな参考書や辞書本を引っ張り出してきて
比較したり、詳しく調べたりしちゃうので
効率は悪いです。

 もっと、割り切って勉強しないといけませんね。

 私も、地道に頑張っていきます。
Posted by ミシカズナネ at 2006年12月10日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28661964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。