2007年01月10日

子供は親を選べない!?

こんばんは。


 皆さんもよく聞いたことがある言葉ではないでしょうか!?

 「子供は親を選べないんだから、、、」


 私は、ずっと実母のことをうらんでいました。
学生のころは、家に帰る足が本当に重かった。

 何度も家出もしたし、高校卒業後、家出したまま1人暮らしをはじめ
1年間連絡も取らなかったこともあったし、、
 もし、現役で大学に進学していたら、私は母を殺して
今頃、刑務所のなかでしょう。
 


 ずっと、ずっと母を許せずにいました。


 その母を許せるようになったのは、
約5年前、長女の出産がきっかけでした。



 私が上の娘を妊娠中に姑にこんなことを言われました。

 「よく、子供は親を選べないって言うけど、
 本当は、親を選んで産まれてくるのよ〜」って

 で、姑は、
「子供があなたを選んだのだからあなたのところに産まれてきて、
あなたを母親にしてくれるのよ。」
って言っていました。
 だから子供を大事にねって伝えたかったのかな!?と思います。

 このとき、私は
「あの実母を選んだのは自分なのか〜。私の選択ミスだったのか」
と思いました。
それと同時にこう思わなきゃ母への恨みの気持ちが消えないことに
悲しみを覚えました。


 でも、不思議なものです。
自分が上の娘の出産をおえ、母となってみて
そんな思いも消えました。
 「私はあの実母を選んでよかったのだ。
  今までの苦しみも、いい経験だったんだな〜」
と思えるようになりました。

 母親になるって不思議なことです。


 もうすぐ、私を母親にしてくれた長女の誕生日です。
私は母を許すことはできたけど、
よく世間で言う「母親になって、初めて自分の母の気持ちがわかった」
というものはありません。
 どちらかといえば、私は自分の子供に、
自分が実母からされたことをすることなんてできないししたくない
って思っています。

 それでも、もう実母を恨んでいない。
 実母に感謝と尊敬の気持ちを持てるようになった。

 それだけでも、自分にとっては大きな成長です。

 私に、大きな成長をもたらしてくれた
長女ミーチャに感謝です。

 毎年、ミーチャの誕生日が近づくたびに思い出します。
 この子が私を母親にしてくれたんだな〜
 私の心に平穏をもたらしてくれたんだよね〜ってね(*^_^*)


 ミーチャよ、ちょっと早いすぎだけど、5歳の誕生日おめでとう!!
そして、私のところにあなたが産まれてきてくれて本当にマミーはうれしいよ〜。



 って、本人はこれを見ることは無いでしょうけど、
もう5歳になる娘に面と向かって言うのは恥ずかしいので
ここに書いてみました〜。


 でも、ちゃんと言わなきゃね、チャレンジしてみます(^O^)/



 センター試験が終わったら、ミーチャと2人でデートの計画を立てている
ミシカズナネがおおくりしました。
posted by ミシカズナネ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31182837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。