2007年03月10日

 こんにちは。

 最近、よく思うことがあります。



 私のような、大学受験をしないで高校を卒業した人、
大学を卒業したことのある人
この両者が、また新たに大学受験をするとしたとき
そのスタートラインはぜんぜん違うんだな〜ということ。

 私が、必死に子育てしていたそのころ
同級生たちは、大学へ行き一生懸命か否かはそれぞれあると思うけど
勉強していたわけで、その4年間の差って結構大きいんだな〜って。


 これから、私はその差をどれだけ埋めれるんでしょう!?



 そういえば、通信添削の初めて出したものが帰ってきました。

 自分に見合ったコースにしただけあって、
結構解けたし、解答の書き方もすごくいいと
ほめていただけました。


 ちょっとほめられただけで、こんなにうれしいなんて、、、

 
 そういえば、受験勉強始めてから
人に自分の解答をほめられたの初めてでした。


 勉強ってどうしても他人と比べると落ち込んでばかり。。
もう少し自分を認めつつ、でも現実をよく見ていかなきゃね。 



 今日も、家中英語モードのミシカズナネがおおくりしました。
posted by ミシカズナネ at 16:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 受験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。
学位を取得した者と、そうでない者が戦っても差はありますからね。

とりあえず、3月入試で某私大の薬学部に
引っかかりました。全落ちはしませんでしたが、本当に苦しかったです。ただ、学費の関係上通学できない場合は通うことはできません。奨学金制度も年齢制限があります。それとここの大学は保証人を複数名必要とします。
薬学部の場合滑り止めはないですから入学しても厳しいことになります。
それと、4月早々テストがあります。生物・物理・数学3Cは未習分野です。

最後に、一般入試だけでなく、社会人入試などあらゆる制度を確認したほうがいいと思います。浪人生や現役生と戦うだけでも
ハンデがある中で、やらねばなりません。
ましてや全て独学となれば尚更です。
もし時間的に許されるのであれば、特定分野だけでも講習会を利用することをお勧めします。通信添削も問題集を併用することで理解度が上がります。ただし、勉強時間
の確保は困難になりますが・・・。
Posted by のりっぺ at 2007年03月11日 13:16
この文章を読んで、悩みは人それぞれだなと思いました。私は、大学を出た後、就職、人生について色々悩み、結婚して子どもはまだ一人です。本当は二人以上欲しいけど、どのタイミングで産んだらよいのか悩みます。今は医学部に行きたいと思っていますから、なおさらです。まだ、ミシカズナネさんは若いですよ。人生いつからでも勉強のスタートは切れます。ただ、18歳といった若い子より達成するのに時間がかかるだけ。
私の方も今日後期試験を受けてきました。倍率10倍なので期待はしていません。でも、トライしたことは全く後悔してません。前の自分より少し成長しました。どうか、人と比較しないで、去年の自分と比較してみてください。絶対、成長しているし、いい人生を歩んでいますよ。がんばりましょうね。
Posted by ゆいママ at 2007年03月12日 23:12
☆のりっぺさんへ返信

 合格おめでとうございます。

 受かっても、大学に通い続けることには
壁があるんですね。
 
 しかも入学早々テストとは、、、

 ぜひ、がんばってください。



 社会人入試、今考えています。
 でも、結構いい大学だとやっぱり高卒で
しかも高校の成績も中の上くらいの私には
厳しいようです。
 でも、調べるだけはしてみようと思います。
一般入試と時期も違うわけだし、
社会人で有利なのは、社会人入試があることぐらいですもんね。

 ところで、のりっぺさんのいう講習会とは予備校のことですか!?
今、駿台を調べています。
代ゼミのスカラシップ生の認定書が来たのですが
代ゼミはコースでとると、土曜日もあるようなので
土曜日は保育園も午前中しか預かってくれないし
それに、現役のころから駿台にあこがれていたので、、。

 単科でとれば保育園にも合わせられそうだし、
憧れの駿台へ〜、、、と思っていたのですが、
今年は調べるだけです。

 今は、結構問題集を淡々と解いているのが楽しいです。
ここで、がんばって基礎力をつけて、
来年は予備校へ〜と考えています。

 今はまさに、添削と問題集の併用です。
 仕事のほうも、結構お金はかかりましたが
税理士さんもお願いしたし、今は毎日3時間もやるかやらないか。。

 その分、子供たちが保育園に行っている間は
ずっと勉強しているので、毎日7〜8時間は
勉強時間を確保できています。

 でも、最近やっと本当の勉強の楽しさというか
問題集を一冊、完璧にしたときの感動みたいのを
味わえるようになりました。

 私も、のりっぺさんのようにがんばります!!







 ☆ゆいママさんへ返信

 そうですね〜。悩みは人それぞれなんですね〜。

 私の場合、結構意識して子供を早く生みました。
親元にいては大学なんていつまでたってもいけないと
思っていたので、結婚するときの条件が
「私を大学にいかせること」だったくらいです。

 親に金がなきゃ、旦那に行かせてもらおうという魂胆でした(>_<)。

 でもって、自分は生まれたときから母子家庭で育って寂しかったので
自分の子供にはそうしたくなかったら
子供が3歳になるまでは、、
と子育てに集中していました。

 そしてやっといま時期が来たわけです。

 今までの自分の人生に後悔はありません。
きっと人と同じように現役で大学にいって
希望の就職についてから結婚・出産をしていたら
こんなにゆっくり子供たちと過ごすことは
できなかっただろうし、、、

 でも、やっぱりこの数年のブランクは大きかったと思います。

 やっと今、偏差値50ちょっと。
まだ自分の現役のころに届いていません。
 文系科目なんかは現役のときよりいいけど
やっぱり理系科目の落ち込みは激しかった(>_<)。
現役のころの理系に自信のあった気持ちが残っていただけに
結構落ち込んだりもしました。

 ほんと、人と比べてばかりいると落ち込んでばかりです。
比べないように〜とは思うんですけどね〜。
現役生と違って周りに受験する人が皆無の状態だと
自分と同レベルで切磋琢磨するということはできなくって
インターネットのいわゆる成功談などをみて
自分と比べてしまうわけです。

 それでも、自分の成長を感じていないわけではないんですよ〜。
スタートが低かっただけです。
だからスタートの高かった人に追いつくために
もっと努力しなきゃいけないんだな〜って思っています。

 ゆいママさんのいうとおり。去年の自分と比較してみます。
Posted by ミシカズナネ at 2007年03月13日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。